チーズケーキとは

80年代の終わり頃になると、チーズケーキだけでなく、チーズ味のお菓子やパン(例えば、ティラミスやチーズ蒸しパンなど。)も人気を集めるようになりました。
90年代前半にチーズケーキは全国的に人気になり、今やケーキの代表格のひとつです。

チーズケーキの種類

チーズケーキ(cheese cake)は、チーズを使った洋菓子のひとつ。
大きく分けて冷やし固める「レアチーズケーキ」とオーブンで焼く「ベイクドチーズケーキ」の2種類あり、湯煎焼きするスフレとニューヨークチーズケーキもベイクドチーズケーキに分類される。

 

レアチーズケーキ

チーズケーキ(cheese cake)は、チーズを使った洋菓子のひとつ。
大きく分けて冷やし固める「レアチーズケーキ」とオーブンで焼く「ベイクドチーズケーキ」の2種類あり、湯煎焼きするスフレとニューヨークチーズケーキもベイクドチーズケーキに分類される。

 

ベイクドチーズケーキ

火を通さず、クリームチーズなどに生クリームを混ぜ合わせたものをゼラチンで冷やし固めたものであり、クッキーを砕いて作ったクラスト生地を下に敷くことも。ゼラチンを使わずレモン汁の凝固作用で固めることもあり、さっぱりとした酸味と口どけのやわらかい仕上がりになります。チーズのコクが引き立つようなクリーミーな味わいで、ベリー系のソースとの相性も抜群。

 

スフレチーズケーキ

パイ皿に敷いたサブレ生地の上に、クリームチーズやカッテージチーズ、マスカルポーネ、リコッタチーズなどのやわらかく塩分の少ないチーズと砂糖、卵黄、コーンスターチなどを混ぜて泡立てたものを流しいれ、オーブンでしっかり焼いたもの。あるいはチーズ・卵・牛乳など を混ぜて焼き型に入れ、焼いたものである。

 

ニューヨークチーズケーキ

湯煎焼き。ベイクドチーズケーキよりも、チーズの分量やサワークリームの配合が多い。チーズケーキの中で、最も濃厚でクリーミー。昔、ユダヤ人がニューヨークに移住し、そこで広めたので「ニューヨークチーズケーキ」と呼ばれているそうです。